2015年8月 3日 (月)

便利はどこまで

早くも8月ですねeyeあっという間過ぎて何が何やら分
からなくなってきた

タイトルにもありますが、本日入替を検討している
デジタルタコグラフの説明を聞きました
(デジタルタコグラフとはトラックの運行記録計で昔は
原始的な機械でしたが、現在はデジタルで走行記録
を取るものです。飛行機のブラックボックスのような
感じ)

あまりに便利すぎて異常ですwobbly

今後益々の法規制に対応する為、企業の安全対策
を満たすために機能がすごい事

簡単に言いますと車が動きを記録し、リアルタイム
でそれを事務所が管理でき、さらには労務管理の
処理まで自動で行う。運転中にはドライバーにアド
バイス、帰社後には事務所にアドバイスを行う

ドライバーにとっては大迷惑な話でしょうsweat01

今どこを走っていて、どんな風景で、車内の音まで
聴けて、おまけにいつでも注意できるのだから

こんなんでトラックドライバーになりたいなんて若者
が出てくるものか・・

トラックの自動運転も遠い未来の話でもなさそうだ

結局便利になるという事は人間の価値観や存在意
義にも繋がる話だと思う

機械には絶対負けないような志と努力は常にして
いる私としては「行き過ぎの技術」には不快感を
持ってしまったannoy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月14日 (木)

心が狭いのか?

大分での動物園で赤ちゃんのお猿さんに付けられた名前で
物議をかもしていますが・・・

日本の国民世間一般に「別に良いんじゃない」が6~7割程度
の意見だそうですが、すごい統計ですね

私的にはお猿さんの命名自体に興味ないのでどうでも良いの
ですが、タイミング的には×であると考えます。
イギリスではロイヤルベイビーの命名で湧いてる時に、日本で
は動物園の猿の命名で話題に、そこに偶然とはいえ同じ名前
を付けるのは配慮が足りないとしか言えません

イギリス側に問い合わせた(相談)した行為も疑うのですが、
容認したイギリスも凄いと思いました。イギリスも心が広いと言
うか特段相手にしていないといったところでしょうか

日本の美徳の一つに「相手の立場になって考える」「相手を
思いやる心」があると思うのですが、この点が時代とともに
薄れていると思っているのですが・・・

変なたとえですが、自分の子供と同じ名前を隣の家のペット
に付けられて、庭先でペットの名前呼ばれた時には好い気は
しませんし、隣の家に対して仲良くなろうとは思いません。
ひょっとしたら悪意さえ感じるかもしれません

ロイヤルベイビー=動物園のお猿 誕生の同じ時期に同じ
名前を付けた。これを容認できるとはすごいと感じるのでした
逆に他国で日本の皇族の名前を付けられて好意的に思える
のか?考えただけでもゾッとする

このような話題が気になるようでは心が狭いか?
まだまだ人生の修業が足りないようですcoldsweats01

人が嫌がることはしない、人を敬い、喜んでもらえる事を
常に考えてい実行すれば世の中も平和になると思うので
すが、別の言い方をすれば、某国のように「わざわざ喧嘩
売るような事」はしなくてもいいのにと思うのでした

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年5月 7日 (木)

優等生かな?

連休明けでいかがお過ごしでしょうか?

この連休もなかなか良いお父さんぶりを発揮してましたscissors

3日 ゴルフ
4日 爺、婆を連れて家族ぐるみの山菜リターンマッチ
5日 長野市茶臼山動物園
6日 子供とふらり珍道中

ゴルフgolf
まさにどん底のスコアーで球を7つもなくすといった失態
終わってから反省会で一人練習場に行って猛特訓
たぶんに次はいいスコアを出せると自信ありflair

山菜取り
先回行ったが納得いかなかったので再度爺婆をお供に
行ってきたsign01すでに取られた跡ばかりで時期が悪かったか?
しかし、年取ったのか山菜取りにはまった自分が怖い・・・
途中山中でとる昼食のおにぎりがうまい事happy01
快晴、綺麗な緑に囲まれて最高の気分です

動物園
なぜかレッサーパンダが大のお気に入りで、今回3回目の
訪問です。なんといっても入園料が安いsign03園内の動物の
クオリティが高い、お金を掛けずして一日遊べる、恐竜広場
とかアスレチックなど充実しているsmile
レッサーパンダ好きにはたまらないスポットです

恐竜広場
これまた凄いっ 子供に大人気
いっぱい遊んで帰りは車の中で久々に熟睡してましたsweat01

男チームで珍道中
午前中はグランドでサッカー練習、昼は新発田まであしを
伸ばして美味しいと評判の某ラーメン店へ
並んで1時間待ったのに、子供には不評でした
口直しにイオンでアイス食べて、五十公野公園で遊ばして
最後にゲームがしたいそうでプラント寄って帰りました

家族サービスで心身ともに充実な時間を過ごさせて
頂きましたnotes 感謝 感謝です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月27日 (月)

最高の季節

季節の中でどれが好きですか?

じつは40歳までは、そんなこと考えたこともなかった

今から10年前の40歳、今まで風景の一部で気にも留めて
いなかった初めて桜が気になると同時に美しさに惚れてし
まった

人生において余裕が無かったから、風景は流れるだけで
止まることはなかった。でも、余裕が少し生まれ、止まった風
景が見れるようになり、桜ってきれいなんだと思えた途端に
春が好きになりました

寒さと雪に耐え、鉛色の空にも負けず、大好きなゴルフも出
来ず、そんな気分を吹き飛ばすかのような青空と心地いい風

希望に満ち溢れた季節です 大好きhappy01

前置きは長くなりましたが、恒例の山菜取りに行ってきました

1398566758111
まだ雪がありますが、そんな雪にも負けずに前進sign01

1398566758761
これが私の目当てです
ちなみに山のふきのとうは格別で、絶品です。これ食べないと
私の春が始まらない・・・

1400147474680
取れたての山菜で夕方から花見ですcherryblossom
なぜか自宅の桜も私の奥さんと一緒でずれていまして
今頃が満開です

1400147475213
こんな感じです

1405644755730
心地よい季節、爺、婆、家族総出で山菜取り、桜を見ながら
冷たいビールに出来立て天ぷら(タラの芽、コシアブラ、その他)

雲一つない青空   最高にテンション上がります

山菜最高notes




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 8日 (水)

子供のがっかり

ご無沙汰してました

まさか一年後にブログ書くとは思っていませんでした・・bearing

昨日は子供の春休み明けの日だったので、家宅後に
久しぶりの学校は楽しいだろう?と問いかけると、しゅんとした
顔で「ん~っ」 なに、どうしたのと聞くと

自分のクラスの先生が子供の始業式出席の為にいなくて、代理
の先生が来たとの事、クラス全員がっかり・・・

ちょうど一年前にも書いたが、まさか世間のニュースになっていた
事が自分の子供の経験になるとは思っていなかった

久しぶりに書いたのには理由がある

時代が変わり価値観が変わり、自分が年老いたと思えてきた事
そして、これからも変わりゆく価値観に順応できるのかという不安

大げさかもしれないが、久しぶりに胃が痛くなって胃薬飲んだ

この問題ですが、じつは当社でもありまして、この数日は年頃の
子供を抱えたドライバーが一度に休暇申請が出て仕事が回らな
いんです

今後益々この傾向が強まるとしたら、経営する立場として入学式
や卒業式恐怖症になるかもしれませんdespairドライバーがいないと
仕事になりませんから

昔と違って少しでも収入を得ようと家族の時間を割くより、そこそ
こ食べられる程度の収入で家族との時間があった方が良いと考
える人が多くなった

休日のバイトもしたがらない、目に見えて仕事に貪欲さがない

ゆとり教育から、ゆとりの生活、そのうちに共産的思考になりは
しないだろうか?汗水流して、家族に少しでも良いものを食べさ
せたい、もっと仕事をして人より贅沢したいとかは昔の話なのか

男たちよ、家族は大切であり絶対に守らなくてはならないもの
であり、仕事も同じ位に大切なものであり、「職人」としての
責任、役割を自覚してはどうだろう

平和ボケせずに、もっと貪欲に、もっと肉食になれsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

一番好きな季節

昨日はじつに気持ちの良い一日を過ごさせてもらいました

自宅の桜の横で、セブンイレブンのコーヒーを飲みながら
読書です。ぽかぽか陽気で外にいるだけで気持ち良いの
にのんびりと読書です 憧れてたのです・・・

昔は秋が好きでしたが、40歳になった途端春が好きにな
りました。桜が綺麗なのと4月新年度という事もあり希望
に満ち溢れたところが好きです

これって気持ちの余裕がないと感じられないんだと思うの
です。別に開き直った訳ではないのですが、何事も受け入
れる、素直な気持ちと発想の転換。これって大切なんです
よ。

時間に追われ、なんでこうなるんだとイライラして、人のせ
いにしたりするよりも、こんなこともあるさ、これはいずれ私
の為になることなんだと考えると意外に落ち着けるものです

映画を見たり、読書するのが好きなんで、自分の好きな季
節に好きなことが出来るのは幸せだと感謝してます

ただ、二つほどストレスを溜める話があったので書いてみ
ます

一つは理化学研究所の話です
これって一人だけ吊し上げられているように思うのですが
同なんでしょうか?一人でやった訳ではないし当然上司
がいるわけですから一人責められるのも疑問です。
はたしてSTAP細胞があったのか?論文を発表して誰も
作れないなんておかしいと思います。かもしれないとか、
運が良かったら作れますでは化学ではないと思います。
そもそもチームがしっかりと検証してから発表したのか?
疑いを晴らすべく、みんなの前で作って見せてほしいと
思うのですが・・・

もう一つは息子の入学式に出席した教師の話
だいぶ賛否両論盛り上がってます!相変わらずネットは
恐ろしいのです。これが国内の総論ではないにしろ危険
過ぎる・・・。ちなみに私は職務優先と考えていますので
息子さんの入学式に行けないのは残念ですが、教師と
いう立場から自分の担当する子供を優先してほしかった
と考えます。

個人の権利、主張も大変大切ですが、自分の公共にお
ける役割も意識しなくてはならないと考えるのです。
誰でも一人で生きているのではありません、周りの人々
、大勢の人たちに支えられながら生きているわけです。
もちろん支えられているだけではなく、自分も支える側
でもあるわけです。

教職とは何か?ただ学問を教えるだけではなく、道徳
や倫理、そして共同生活を学ばせるものではないでし
ょうか?教師自らが自分の権利を主張した行動を子供
はどう見るのか?こんな教師をはたして信じて1年を過
ごす事が出来るだろうか?

この件も休んだ教師一人が悪者でもないわけで、なん
か後味悪い話ですね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

情けない

あまりにあきれて、いったいこの国は何なんだと思ったので
久々に書かせてもらう

某空港会社のキャンペーン期間中の制服についてである。

こともあろうか国土交通省、厚生労働省が出てきて、某大臣
までが出てきて意見を述べている

事の発端は「ミニスカート」であり、いつものように女性蔑視
やその類の想像での抗議が発端である

乱暴な言い方だが、たかがいち会社の制服に政府までが
干渉するとは如何なものか?
(某大臣さん、ミニスカートが国に迷惑かけるのか?保安
業務に支障が出るのか?)

なぜミニスカートで卑猥な想像をするのか?百歩譲って適
切な保安業務を理由とするならばCAも全て保安業務に適
切なズボンをルール付けすれば良いではないか

何でもダメだ、批判だなんて事はやめて、もっとおおらかな
気持ちを持てないものか

今回の航空会社も選択肢の一つで、嫌なら乗らなければ
良いだけの話でないか(私は乗ってみたいが機会がない)

日本の良いところは他国にはない「創造力」「技術」「思い
やり(おもてなしやサービス精神)」と思っている

ただ、この良い部分が最近は少しずつ世論に威嚇され
萎縮した雰囲気になっいて心配をしている

良いと思っても「非常識だっ」の一言で攻撃されるのであ
れば新しい文化も生まれなくなるであろう

保守も悪くはない、ただむやみに自分の意見を盾に人を
攻撃したり、国(政府)が出てくるようでは困ったものだ

CMがつぶされたり、TVドラマのスポンサー下ろさせたり、
大臣が会見を行ったり・・・

あえて聞きたいが、誰がどのようにするとココまで騒ぎに
なれるのか?どのような吊し上げのノウハウなのか教え
て頂きたい

みんな悪意があってやっているのではないんだ

みんな何かを作ろうと、みんなの為になるんだと必死で
考えてがんばっているんだ

ギャグ、遊び心を持ちながら新しい文化作りを必要と思
うのは今や少数意見なのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月18日 (火)

雪害

今季は小雪でなによりと安心していのにやってくれました

昨日もてんてこ舞いな一日でした・・・

土曜日帰社予定の車両、日曜日帰社予定の車両が帰って
来ない。日曜日に関東を出発した車両が着かない

何のことはない、関越道が通行止めだったり国道が渋滞し
ていたとの事

ニュースでは中央道や東名の方が取り上げられて関越道
についてはさほど取り上げられなかった

現場にいないので批判は避けたいところだが、今回は特別
に言わせてもらう

道路公団はじめ、行政、とりわけトラック協会などはどのよ
うな対応をしたのだろう

極論で自己中と思われるかもしれないが、トラックだけでも
優先に走行させることは出来なかったのだろうか?
(関越道路の話です)

今回の原因は積雪もさることながらノーマルタイヤの乗用
車等によるものが原因とか。ライブカメラで見る限りでは
高速道路上は道路の地肌が見えて走行可能に見えたので
せめて冬装備してあるトラックを走らせてもらいたかった

東京と新潟を結ぶ線がどれだけ重要かはだれでも分かっ
ている事だし、物流が止まることの切実さもわかるはず

くどいが、なまじライブカメラを見たがために歯がゆくてなら
ない(圧雪で走行不能な状態であればあきらめ付くが)

本日の新聞でもいくつか書かれていたが、納得のいく説明
はされておらず理解に苦しむ

新潟は雪に強い、群馬側も新潟がフォローできると思って
いたが、どおやら間違いのようだった

このような時こそ各自の力量が分かるというもので、この
程度のことを想定外と言わず対応できる体制を整えて頂
きたいと思う

荷物が着かなくてどれだけ困ったことか?スーパー、コン
ビニなども陳列がカラで驚いた

某協会も非常事態と位置付けて防災訓練なみに動いて
ほしかった

雪害とはいえ、お客様に心配かけたり、迷惑かけたのは
申し訳なかったのですが、やっとの思いで到着したドライ
バーの頑張りが理解してもらえなかったのが一番こたえた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月25日 (土)

平穏な日々

昨年からの幾つかの難題を無事に終了させてホッと一息
した途端に風邪をひいて静かに暮らしてました・・・

雪もなく、平穏な日々が続いております
昨日なんかも天気が良くて、心ウキウキ仕事も大切ですが
早くも遊び心がうずきます

ところで、最近目にするのが「批判」「抗議」と言った類です

ANAのCMにしろ、某テレビの内容が誤解を招くから駄目
だとか、収録中に素人の平手打ちしたからとか・・・

毎度の持論ですが、マスコミの世論を煽るのもいい加減に
しないと「批判」「抗議」で誰も何もできなくなりますよっ

情報発信は大切だし、いろんなものがあって良い。見る人
は必要な情報を自分の知識にすれば良い、不要なものは
スルーすれば良い

だけど「批判」「抗議」の類は立ち止まってしまうし、参加も
してしまう。よってたかって「批判」「抗議」に参加した日に
はとんでもないことになってしまう

恐るべし世論

今の時代は「敵」に飢えているのでしょうか?

昨年の半沢直樹のヒットもそんな感じで観てました

自分を正当化したい、正当化するためにも敵が必要な感覚、
普段出来ないような敵を追い詰める快感など、明らかに
心が病んでいるように思えるのですが

日本人の人を敬う心、理解しようとする心、相手を思う心を
思い出しましょう

感情の生きものですから怒ることもあるでしょう ただ
本当に起こるべきこととそうではない事は区別すべきだ

物事斜めに見て物事いうよりは、その場とその人の空気で
ニュアンスをくみ取ることだと思っております

年初めに長く、とりとめのないことを書きましたが

要するに、悪気がある人もめったにいないし、事を荒立てず
平穏に出来るのであればそうしましょうという事です

今年もたくさんのお客様、仲間たちと楽しい一年になること
を祈っております

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月)

今年もありがとうございました

本年の業務も無事終了致しました

一日があっというまですから、一年が早いこと

先日明けましておめでとうございますと言って、今日も
暑いねと言って今が年の暮れといった感じです

こんな感情は初めてかなっ?っと思うほど不完全燃焼
の年でした。やりたいこと、やらなくてはならない事が沢
山あるのに、少しも片付かないで年越しとは・・・

来年でいよいよ49歳と50歳に近づくのですが、こんな
んで良いのかと思うような自分にいらだつのでした

仲間内でこういった話をします
「あと何年生きられるとしたら、あと何年しか残っていな
い」、もっとああしなくてはならないみたいな話をします

まだ時間があるという発想ではなくて、もう時間が限ら
れているから、もっと緊張感をもって、どうしたら目的が
はたせるか、この限られた時間をどう有意義に出来る
かを一生懸命に考えているのです

一見、まだ時間はあるんだ的なプラス思考が良いのか
もしれませんが、貧乏性な集まりですから悠長な思考
にもならないものです

まだ時間があると思うとやらないのですが、ないと
思うと体が動くし頭もまわるので良い考え方だと自分
は思っています

いろいろ変化している社会の中で会社の舵を取るのも
なにかと難しいです。稼ぐことは難しいし、利益を出す
のも難しい、社員を養うのはもっと難しい

今年は自分の努力不足で消化不良の年でしたが、
来年は馬のように高く駆け上がっていく勢いでもっと
頑張ろうと思います

沢山の皆様に支えられての一年でした。感謝です。
来年もよろしくお願い致します

ありがとうございました

皆様 よいお年を迎えられますように!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«信念と反応