« 2013年9月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月30日 (月)

今年もありがとうございました

本年の業務も無事終了致しました

一日があっというまですから、一年が早いこと

先日明けましておめでとうございますと言って、今日も
暑いねと言って今が年の暮れといった感じです

こんな感情は初めてかなっ?っと思うほど不完全燃焼
の年でした。やりたいこと、やらなくてはならない事が沢
山あるのに、少しも片付かないで年越しとは・・・

来年でいよいよ49歳と50歳に近づくのですが、こんな
んで良いのかと思うような自分にいらだつのでした

仲間内でこういった話をします
「あと何年生きられるとしたら、あと何年しか残っていな
い」、もっとああしなくてはならないみたいな話をします

まだ時間があるという発想ではなくて、もう時間が限ら
れているから、もっと緊張感をもって、どうしたら目的が
はたせるか、この限られた時間をどう有意義に出来る
かを一生懸命に考えているのです

一見、まだ時間はあるんだ的なプラス思考が良いのか
もしれませんが、貧乏性な集まりですから悠長な思考
にもならないものです

まだ時間があると思うとやらないのですが、ないと
思うと体が動くし頭もまわるので良い考え方だと自分
は思っています

いろいろ変化している社会の中で会社の舵を取るのも
なにかと難しいです。稼ぐことは難しいし、利益を出す
のも難しい、社員を養うのはもっと難しい

今年は自分の努力不足で消化不良の年でしたが、
来年は馬のように高く駆け上がっていく勢いでもっと
頑張ろうと思います

沢山の皆様に支えられての一年でした。感謝です。
来年もよろしくお願い致します

ありがとうございました

皆様 よいお年を迎えられますように!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月28日 (土)

信念と反応

安倍首相が靖国神社に参拝したことで大きな問題となって
いる

前にも書いたことがあるが、マスコミは大量のニュースの中
から都合の良い、見た人を踊り立てるような記事を載せる
ので正確な判断はつきにくいが・・・

ただ一つ言えるのは、個人の信念を貫くのと、そのことで起
こり得るものとの吊り合いを考えたのかと疑問に思う

私も信念を持っている。しかもかなり強い方だと思っている。
ただ、何もかも信念を貫くかと思えばそうではない

個人的にも、社会的立場的にも信念を曲げなくてはならな
い時がたまにはある

正直悔しいが、自分の信念を貫いた場合の周りの反応、
結果などを考えた場合、どっちが人のためになるか?
貫いた場合、どれだけの人を不幸にするのか、困らせるの
かなど考えて、結果として曲げることもある

誰もが思うままに、感じるままに生きて行きたいと思ってい
る。でも、一人で生きているわけではないから分別が必要
だと思っている

今回の件では、信念は十分理解できるが国益を損なう行動
については如何なものかと思った

それにしてもマスコミは叩きすぎ、煽り過ぎ

話は違うが、猪瀬前知事やみのもんたなどごもっともに批評
をしていたのに今ではもの言えぬ人になってしまった

とかく人を厳しく批判していた人だけに、今の自分の立場を
考えたら悔しくて仕方ないだろうに

誰でも傷は持っているのだから、あまり大きな口を叩かない
のが良いと自分に言い聞かせるのでした・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月24日 (火)

一時不停止

新潟県の交通マナーが悪いと言われるが・・・

私も出張でいろんなところに行くし、県外に勤めていた経験
から同感である

意外と新潟県人は気づいていないかもしれないが、交通マ
ナーはたぶんワースト3には入ると思っている

よく新聞では「温厚で人は良いが、ハンドルを握ると変わる」
と言われているが、まさにその通り

なんででしょうか?

温厚と人を思いやる気持ちとは違うし、交通戦争という現実
を田舎だからゆえに気づいていないように思います

比較的道路が空いている部分もあるのでしょうが、自分の
道路でもないし、自分が優先という意識も違います

よく「ぶつけるもんならぶつけてみろ」みたいな人がいますが、
もしも事故になった場合は100対0の過失はめったになく
お互いが嫌な思いをすることになるし、良いことなどまったく
ないのです

持ちつ持たれつ、お互いが事故回避の運転は都会などでは
よく見られます。道の譲り合いやファスナー合流などは交通
の多い地域などには当たり前に行われているから比較的事
故は少ないのです

地方で運転するよりも新潟で運転する方が、私は怖い

先の「温厚」という言葉を使いましたが、むしろ「うとい」の方
が合っているように思うのは私だけか

歩いているように運転をするのが特徴で、ウインカーを出さ
ずに進路変更、または右左折。一時不停止、車が来ている
のに無理な進入、合流で車を入れない、些細なことで煽る
など、他県にない運転が目立ちます

特に一時不停止はほとんどまともに止まる車は見かけない

もっと積極的に交通ルールについて啓蒙するとか、取り締
まりを厳しくするなどしないと事故は減らないと思うのです

「止まって確認」私の無事故の秘訣であることをお伝えしたい
のと、新潟の交通マナーがワーストと言われないようにと祈
っております

追伸 当社も厳しく指導はしておりますが、万が一交通マナ
ーが悪いようなのがいましたら一報頂けますよう、お願い致
します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月17日 (火)

時代錯誤の監督

久々にボルテージが上がったので書くことにした

仕事の打ち合わせで某大手ゼネコンの事務所に作業の打ち
合わせで行った時のことである

行ったことのある人はわかるのですが、工事現場の建設事務
所は異様な雰囲気をかましています

事務所に入るといきなり 「なんだっ!」

相変わらずと思いながらも打ち合わせとあいさつに来た事を
伝えると 自分のところまで 「来いっ」 と手招きをする

こいつ頭おかしいのか?

そもそも初対面で打ち合わせに来た人に対する言動と扱いか?

すでに切れた状態で部屋の奥でふんぞり返っている赤顔の
眼鏡サルみたいなおじさんのところまで行く

名刺交換をして穏便に打ち合わせをする気はすでに失せてい
るので、当然相手と同レベルの口調で話をするが話にならない

「お前口悪いなっ」と言われるも 「あんたもなっ」と言い返す

話にならないし、怒りが収まらないので話の途中で帰ることにした

お山の大将なのか、大手ゼネコンのおごりなのかは知らないが
おそらく会社でも手を焼いて事務所に置けないから、ていよく
現場監督かなんかの冠をもらってふんぞり返っている悲しい人
だという事が想像できるが・・・

それにしても、こんな人種がまだいたんだと感心しました

工事現場事務所ってどくどくですよねぇ

当社もそこそこの協力会社とお付き合いさせて頂いていますが
今まで一度たりとも「下請け」と言った事も思ったこともない

逆に社員には「パートナー」「お客様」であり感謝する事と教えて
いる。みんなの協力があって会社が成り立っていて、みんなの
おかげで飯が食えている。そもそも自分が出来ない事を代わりに
してもらっているのだから感謝することはあっても下目線で見る
理由がない

時と場合にもよるが、常に一歩下がって相手を思いやる気持ち
があれば、お互いが気持ち良いしお互いの利益にもなる

40才も過ぎれば、この位の道理はわかるはずなのだが・・・

社名を書きたくてうずうずしてますが、大人なので書きません!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2014年1月 »