« 罪な夏休み | トップページ | 一時不停止 »

2013年12月17日 (火)

時代錯誤の監督

久々にボルテージが上がったので書くことにした

仕事の打ち合わせで某大手ゼネコンの事務所に作業の打ち
合わせで行った時のことである

行ったことのある人はわかるのですが、工事現場の建設事務
所は異様な雰囲気をかましています

事務所に入るといきなり 「なんだっ!」

相変わらずと思いながらも打ち合わせとあいさつに来た事を
伝えると 自分のところまで 「来いっ」 と手招きをする

こいつ頭おかしいのか?

そもそも初対面で打ち合わせに来た人に対する言動と扱いか?

すでに切れた状態で部屋の奥でふんぞり返っている赤顔の
眼鏡サルみたいなおじさんのところまで行く

名刺交換をして穏便に打ち合わせをする気はすでに失せてい
るので、当然相手と同レベルの口調で話をするが話にならない

「お前口悪いなっ」と言われるも 「あんたもなっ」と言い返す

話にならないし、怒りが収まらないので話の途中で帰ることにした

お山の大将なのか、大手ゼネコンのおごりなのかは知らないが
おそらく会社でも手を焼いて事務所に置けないから、ていよく
現場監督かなんかの冠をもらってふんぞり返っている悲しい人
だという事が想像できるが・・・

それにしても、こんな人種がまだいたんだと感心しました

工事現場事務所ってどくどくですよねぇ

当社もそこそこの協力会社とお付き合いさせて頂いていますが
今まで一度たりとも「下請け」と言った事も思ったこともない

逆に社員には「パートナー」「お客様」であり感謝する事と教えて
いる。みんなの協力があって会社が成り立っていて、みんなの
おかげで飯が食えている。そもそも自分が出来ない事を代わりに
してもらっているのだから感謝することはあっても下目線で見る
理由がない

時と場合にもよるが、常に一歩下がって相手を思いやる気持ち
があれば、お互いが気持ち良いしお互いの利益にもなる

40才も過ぎれば、この位の道理はわかるはずなのだが・・・

社名を書きたくてうずうずしてますが、大人なので書きません!!

|

« 罪な夏休み | トップページ | 一時不停止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時代錯誤の監督:

« 罪な夏休み | トップページ | 一時不停止 »