« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月22日 (土)

情けない

あまりにあきれて、いったいこの国は何なんだと思ったので
久々に書かせてもらう

某空港会社のキャンペーン期間中の制服についてである。

こともあろうか国土交通省、厚生労働省が出てきて、某大臣
までが出てきて意見を述べている

事の発端は「ミニスカート」であり、いつものように女性蔑視
やその類の想像での抗議が発端である

乱暴な言い方だが、たかがいち会社の制服に政府までが
干渉するとは如何なものか?
(某大臣さん、ミニスカートが国に迷惑かけるのか?保安
業務に支障が出るのか?)

なぜミニスカートで卑猥な想像をするのか?百歩譲って適
切な保安業務を理由とするならばCAも全て保安業務に適
切なズボンをルール付けすれば良いではないか

何でもダメだ、批判だなんて事はやめて、もっとおおらかな
気持ちを持てないものか

今回の航空会社も選択肢の一つで、嫌なら乗らなければ
良いだけの話でないか(私は乗ってみたいが機会がない)

日本の良いところは他国にはない「創造力」「技術」「思い
やり(おもてなしやサービス精神)」と思っている

ただ、この良い部分が最近は少しずつ世論に威嚇され
萎縮した雰囲気になっいて心配をしている

良いと思っても「非常識だっ」の一言で攻撃されるのであ
れば新しい文化も生まれなくなるであろう

保守も悪くはない、ただむやみに自分の意見を盾に人を
攻撃したり、国(政府)が出てくるようでは困ったものだ

CMがつぶされたり、TVドラマのスポンサー下ろさせたり、
大臣が会見を行ったり・・・

あえて聞きたいが、誰がどのようにするとココまで騒ぎに
なれるのか?どのような吊し上げのノウハウなのか教え
て頂きたい

みんな悪意があってやっているのではないんだ

みんな何かを作ろうと、みんなの為になるんだと必死で
考えてがんばっているんだ

ギャグ、遊び心を持ちながら新しい文化作りを必要と思
うのは今や少数意見なのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »