« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月20日 (木)

磯野家

たまには取り溜めしてたものを観ようと思い
「磯野家の人々 20年後のサザエさん」を観て
みた

小さい時からサザエさんは観て来たものの、たま
たま日曜日の夕飯でTVがついていただけの話で
あって、特別思い入れがあったわけではない
ただ、歳を取るにつれて何も変わらないサザエさ
んの日常、家族に対して涙が出るようになった

おかしな話だが、ちびまるこちゃん、ドラえもん
、男はつらいよでも涙腺が熱くなる

小さい時から両親が忙しくて遊んでもらった記憶
がない、もちろんキャッチボールや公園で遊んで
もらう事はなかった。弟と妹の面倒をみて過ごし
た。だから家族の本当の在り方を知らない

ドラマみて、これが家族なんだっと思えると、良
いなぁと思ってしまう

磯野家の20年後はリアルに表現していると思う
し、現実の厳しさや夢とのギャップ、挫折などが
わかる。大人になった家族の関わりについても
描かれていた

サザエさんの説教ぽい話があったが、なぜだか自
分に言われているような気がしてしんみりとして
しまった

いつまでも時間が止まった話も娯楽や夢といった
部分で良いが、こうして20年後を描くのも一興
だと思う。キャスティングの良し悪しは別にして
ドラマを楽しみたい。個人的には更に20年後の
磯野家を観てみたいと思っている

人は歳を取るが、間違いなく「家族」も歳を取る

いつまでも切れることない家族の絆を描いてほし
いと思う

感動とともにワカメちゃんの松岡茉優がめちゃく
ちゃ可愛かった・・・

| | コメント (0)

2020年2月17日 (月)

有効求人倍率

最近は悪い用事ではなく労働基準監督署に行く

大概同建屋にハローワークがある
昔はいつ行っても駐車場が満杯で警備員が立って
いるほどだが、最近は警備員もいないし駐車場も
止め放題だ

ちなみに新潟県でみれば1.68の倍率であるが
自宅の秋葉区は2を超えている

昔からみれば異常な数字である
ハローワーク内も人がまばらで職員が暇そうにし
ている。当社も人手不足で死活問題だが、なんと
か人手不足問題はならないものか

最近新聞では特集で戦後の高度成長期を支えた人
々の話を載せているが、どれも「がむしゃらに働
いた」「寝ずに働いた」「苦しかったが仕事が楽
しかった」「社会を支えていた自負があった」と
ある

教育、働き方などの考えが変わり、その年代の価
値観が変わり、多様な考え方が認められる時代

昔ながらの「勤勉」「労働に対する意欲」を持っ
た日本人はどこに行ったのだろう?

働くことがつまらなければ、生きていくこともつ
まらないだろう

汗して得た対価で夢をみる、社会の為、自分の為
に働く事のすばらしさが失われているのではない
か?

なんともやりきれない・・・

きつい制約ばかりではなく、もっとのびのびと働
かせてくれ!金も欲しいし、家族にうまいもの食
わせて、贅沢をさせてやりたい

| | コメント (0)

2020年2月14日 (金)

イライラ病

なぜか本日はイライラする
たまにはそんな時もあるものだ・・・

物流新聞が来て、早速読んでみたが、一面にこんな
のがあった「大・中型免許、19歳から」

警視庁が3月の通常国会へ提出を予定しているとの
事。受験資格を大型・中型自動車免許とバス、タク
シーの二種免許の受験資格を引き下げる特例措置を
創設する

条件はあるものの、資格を満たせば19歳で大型に
乗ることも、バスを運転する事も出来る

昔は普通免許で総重量8トン車まで乗れた。いわゆ
る4トントラックを運転出来た。昔は稼ぐために普
通免許で乗れる4トントラックに乗務し、仕事内容
や道、運転を覚えて、さらに欲が出て大型免許取っ
て大型トラックで稼いだものだ

しかし、事故が多いとの事で数年前に中型免許、準
中型免許が出来て免許が取りにくくなった

当時からこの免許制度については反対だった。運転
手不足になるからだ。案の定、運転手不足が加速し
て今の状況になった

厳しくするだけして、今度は緩和?相変わらずおか
しなことをしてくれる

つまらないこと考えて首絞めて、次には愚策で更な
る混乱を招こうとしている

そもそもどこぞの声の大きい方の一声でこのような
話が出てくるのだろうが、いい加減にしてほしい

これなら、前の方法に戻してもらった方がよっぽど
世の中のためになる

今の世の中、トラック乗る為にわざわざ大金払って
免許取る人がいるのだろうか?

考えればわかる話だろう・・・
ますます本日のイライラ病が悪化するのでした

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »