« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月24日 (水)

あおり運転

警察庁が分かりやすいリーフレットを出している

stop!あおり運転

対象となる10類型の違反があったが、ん~っ

またしても厄介な罰則が始まるのですねっ!
運転弱者天国、通常運転者地獄の始まりかな?

前にも書いた記憶があるが、細かなルール作りが
世の中を歪にしている事に気が付かないものか?
ようするに心の病んだごく一部のした命の危険に
関わる事案を引っ張り出して、普通の人に制約を
掛けるのは如何なものかと思うのだが

誰がどのような議論をしたかは知りませんが、
こんな罰則が始まったら、またしても前後のドラ
イブレコーダーをひっさげた正義のドライバーが
出現し正義を振りかざし、警察への通報が増える
でしょう

法定速度で走行、周りの空気を読まない(見てな
い)で進入、マイペース走行・・・

間違った正義を振りかざす人は「待ってました」
とばかりにドライブレコーダーの記録を確認する
のではないのか?煽られた!!被害

煽られた事実に、煽った行為のみの罰則だ
なぜ煽られたかは事実の中には含まれない
誰にでも罰則を受ける可能性がある

ちなみに、ほぼ免許取り消し、必ず裁判所に行っ
て裁判を受けなければならないので注意!!

警察から電話もらって「はぁ」みたいな事にも
なるんでしょうね

おちおち運転もしていられないし、ムカッとした
ら安全な場所に停止して深呼吸しながら落ち着く
しかない あぁ~っ しんどい

お互い持ちつ持たれつ、違法ではあるが自分がう
っかりミスで悪かったと思えばハザードで後車に
ごめんね合図出すとか、急いでいる人がいれば道
を譲ってやるとかすれば良いと思う

最近ルームミラーやドアミラー見ている人少ない
し、もっと周りに気を配れば丸くおさまると思う
のですが

| | コメント (0)

2020年6月17日 (水)

教訓と高い授業料

なかなかエキサイティングな人生ですねぇと人
は言う

ある人はスリルとサスペンスと運で生きている
と言う人もいる

この歳にして知ることもある
「被害者」になるなという事だ

好んで被害者になる人はいないが、被害者にな
った場合は「諦めなさい」「受け入れなさい」
という事で、いささか宗教ぽいっが事実だ

Photo_20200617092402

ようやく塀の撤去が終わった

Photo_20200617092401

なんともみじめな姿であり、人で例えれば服を着
ていない、丸裸のようなものです

過失無で100%被害は誰が考えても言える事
今回の事故は加害者、被害者の当事者の事故であ
り保険会社の事故ではない

今回のように、「この時の為」とばかりに保険会
社丸投げの悪人がいるから保険会社も昔のような
善意の第三者から悪意の第三者と変貌する

丸投げされた保険会社は被害者の矛先となり、口
撃を受ける。元々が「支払わない」を前提で示談
を進めてくる。次に「過去の裁判例」を基に「支
払う方が強い」と無言の圧力を掛けてくる

つまりは、過去の裁判例、鑑定結果からこれ以上
の賠償責任は無い、不服であれば訴訟を起こして
も構わない、私達は日常のことで苦になりません。
支払額に不服があるのであれば支払いません

始めは平身低頭から一気に傲慢不遜へと変貌する

将棋のプロと将棋して勝てるはずもなく、戦うだ
け時間と労力の無駄になる。詰将棋には付き合わ
ないことだ

昨今のトラック業も今では被害事故がほとんどで
あり「動いていれば過失は有る」という鉄則の中
で常に損な被害者となっている

前にも書いたが、事故は当事者のものであり保険
会社のものではない。仮に加害者となった場合は
被害者に詫びるのはもちろんだが、可能な限り
相手に対して誠意を見せて相手の立場で考える必
要があると思っている

会社のブログなので自慢させて頂くが、当方が加
害者となった場合、今までもめたことはなく、逆
に会社として評価をもらっている。
保険会社からも示談がスムーズで交渉が楽だと
常に感謝されている。
この事業を行っていて、人を幸せにすることはあ
っても、人に危害を加えたり、不幸にすることは
絶対にあってはならないと思っているから会社と
して出来る限りの誠意を尽くす

このような世の中で
くれぐれも被害者にならないように祈るしかない

| | コメント (0)

2020年6月 4日 (木)

2ラウンドKO!

5月9日のブログで話しました自宅の塀破損事故
ですが、結論を言うと自己負担額(いわゆる自腹)
が370万円ほどになりました・・・

Photo_20200604090401

何も悪いことしてないのに、塀を壊されたあげく
に高額な自腹を切るのってありなんですか?

話を整理しますと、自宅は大きな道路沿いに面し
ており塀は32mあります。車が突っ込んで
壊したのは3m位。現在は同じ部材は存在しませ
んし、上部の「コマ」と呼ばれる小判状のものも
存在しません。つまり、現行同様の塀には戻らな
いということになります

コマが無いので、写真のように上部の隙間はなく
ブロックの積み上げのみになります。
玄関の向かって左4mほどが違う部材、違う形状、
違う色の塀になるということです

保険会社はゴングと同時にいきなり強烈な右スト
レートを打ってきた。様子見のジャブではない。
軽くかわした途端、間合いを取って動かない。
時間が経って、第2ラウンド、再び左右のストレ
ート、避ける事が出来ない理由が出来た為に、
そのままパンチを受けてKO(ノックアウト)

家が人間だとすると、塀は礼服のようなもので、
家を引き立てる役割があると思う。正装のこだわ
りは誰にでもある感覚だろう。
もし、人に礼服の右袖を引きちぎられて、色も素
材も違うものに変えられたら、誰が見てもおかし
いと思うような服を着て、公の場に出るだろうか
?もちろん恥ずかしいので新品の礼服に替えるの
が普通の感覚だと思うのだが?

法の解釈、判例として個人の外観などは関係なく
損害部位の賠償しか出来ないとのこと。部材につ
いても、現在最高の物を使用していたとしても、
それは個人の好みであり、賠償についてはスタン
ダードが基準になるとのこと

訴訟起こしたって勝てないからねぇ~っ との事

やられ損とはこのことだっ
何で被害者が負担しなくてはならないのか?
32mの塀が憎いっ!!
一部分の色形が違う塀に満足出来ない自分が憎い

昭和のおやじは怒ったが、やり場のない怒りだ
ただ、ただっ370万円のため息が出て行くので
した・・・

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »