« 相変らず | トップページ

2020年7月 8日 (水)

今年の傾向

最近特に思う事なのだが、今年に入ってリズムの
波が激しい

一喜一憂という言葉があるが、どちらかと言うと
一喜一沈という勝手に熟語を作りたいくらいだ

ある出来事に「やったっ!最高っ!」と思いきや
時もそんなに立たないうちに「えっ、マジっ?」
みたいな展開になる

ばっと気持ちが高まって、次にどっと気持ちが沈
む。この幅が大きい分だけ精神的なダメージが
大きい・・・

歌詞にもあるが、「何でもないようなことが、
幸せだったと思う」これって平凡で良い事も無け
れば悪いこともない、こんな時が一番だと言って
いると解釈しているが、これもうなずける

今までは良い波が来るとしばらく続いて、忘れた
ころに小さな悪い波が来る。しかし長続きせず
再び良い波になるのがパターンだったのだが

今年は違う!

どんっと上がって、どんっと下がる

まさにハプニングとスリルとサスペンスで最近は
生きているようなものだ

何が悪いのか?いつになったら良い波が来るのか

しかしながら、持論で
人生に起こることで無駄なことは無い
と思っている事からすると、やはり何かしらの
意味があるのだろう

その意味を探して、次の波を待つことにしよう!

前向きというようなカッコいい話ではない
ただ単に理系の思考というやつです

|

« 相変らず | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 相変らず | トップページ